good food         morocco life


by matesha
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
d0093868_22473085.jpg

シャウエンのカフェでいただいた 「 えびのピルピル 」
もともとはバスク地方のお料理で干鱈のピルピルというのがあって
この地域はスペインの影響もあるのでそんな流れでこのお料理が入ってきたのかもしれません
「 ピルピル 」 という名前はたっぷりのオリーブオイルで炒め煮にするときの音からきているそうです
熱々のニンニク風味のオイルに浸して食べるホブスはとってもおいしい
コリアンダーとイタリアンパセリがモロッコらしい

[PR]
# by matesha | 2008-07-21 00:00 | モロッコの料理

シャウエン

d0093868_1295292.jpg

冬のシャウエン
何年か前に訪れたときとおんなじおじいさんたちがそのまま座っているかのような風景

[PR]
# by matesha | 2008-06-16 00:00 | モロッコいろいろ

お肉屋さんの店先で

d0093868_1195278.jpg
d0093868_1441160.jpg

フェズのメディナ
にこにこ顔のお肉屋さんの前でテハンが焼かれていました
テハンは牛の胃袋にスパイスを混ぜたひき肉を詰めて焼いたものです
ポケット状にしたホブスにたっぷり入れてもらいます
ぴりっと唐辛子がきいていておいしいのです
お肉屋さんには牛の頭からしっぽの先までずらり
きれいにパックされたお肉がならぶスーパーでは
こんなお肉屋さんが懐かしくなるのです                                                                                        
                                                  12.2007 fes

[PR]
# by matesha | 2008-06-02 00:00 | モロッコいろいろ

赤い実

d0093868_23541779.jpg

フェズのメディナで 「 サッスノ 」 という赤い実が売られていました
紙で三角にくるっと巻かれて1dh
甘酸っぱくて小さいときによく食べたキイチゴを思い出します
マラケシュでは紙のかわりに竹細工の筒に入っていました
他のくだものは結構無造作に売られているのに
この実はなんだかとても大切に扱われている様子でかわいらしい
                                                  12.2007 fes

[PR]
# by matesha | 2008-05-25 00:00 | モロッコいろいろ

フェズの陶器工場

d0093868_1155186.jpg

フェズの陶器工場へ行きました
モロッコではオリーブオイルの絞りカスを利用して陶器を焼いています
温度が低くあまり強度はないのですが
そのぶん柔らかい雰囲気と鮮やかな色が美しいのです
そしてそれぞれ工房によって職人さんによって違う、細かくもラフな模様がかわいらしく
今いくつかDALIA食堂でも使っています

窯から燃料を入れるたびにもくもくと立ち上る黒い煙が、
フェズの広い空に漂っています

d0093868_116185.jpg

d0093868_116919.jpg
d0093868_116118.jpg

                                                  12.2007 fes
[PR]
# by matesha | 2008-05-12 00:00 | モロッコいろいろ

おひさしぶりです

d0093868_0425217.jpg

DALIA食堂がオープンして早一ヶ月がすぎました
お客さまやまわりの方々に助けられ、おかげさまでたのしく充実した日々を送っています
ようやくおちついてきましたので
こちらでは引き続きモロッコの旅の写真を少しずつ載せていきたいなと思います

DALIA食堂についてはよろしければこちらをご覧下さいませ
ご来店お待ちしております

[PR]
# by matesha | 2008-05-11 00:00 | モロッコいろいろ

大工さんの技

d0093868_857858.jpg

円柱の細い棒が必要でした
大工さんは角材をかんなでシュルシュルと削り
あっという間にサイズどおりの円柱を作ってくれました
大工さんのお仕事を見ていると
無いからあきらめるのじゃなくて、あの手この手でなんとかしてしまう 
漠然としたイメージを土台からきっちり形にしてくださる
ほんとうにすごいお仕事です

[PR]
# by matesha | 2008-03-28 00:00 | DALIA

DALIAの改装工事 

d0093868_13231.jpg

様々な大きさのコテで楽々と壁を塗る左官屋さんを見ていて私たちもやらせてもらうことに...
しかしまずコテに材料がのらないんです
慣れだよ と10代の頃から仕事をしている左官屋さん
しかたないので手でぺたぺた
それにしても職人さんの動きは美しい
ざらっとラフな感じにという私たちの注文に、
きれいにしないほうが難しいなあといいながらも
とってもあたたかい空間をつくってくださったのでした

[PR]
# by matesha | 2008-03-22 00:00 | DALIA

春ですね

d0093868_0441869.jpg

ご無沙汰しております
先日、緑と花々のあふれる春のモロッコへ行ってきました
車窓にひろがる一面の黄色とみどりの絨毯 どこまでも続きます



さて、この度以前よりご縁のありました、
東京小伝馬町の 『 DALIA 』 にて
ほんの小さな食堂を開かせていただきます

ただいま改装工事中
オープンはまもなく、桜の咲く頃となりそうです

まわりの方々に助けられ、 ほんとうに感謝の毎日です
人や食材などとのすてきな出会い
またこちらでもご報告できればなと思ってます

[PR]
# by matesha | 2008-03-20 00:00

羊の保存食

d0093868_172022.jpg

犠牲祭の翌日 内臓の保存食を作りました
ちいさく切った胃袋に数種類のスパイスと
塩に漬け込んだ各種内臓を丁寧に包み
腸でくるくるっと結わきます
太陽の下10日ほど吊るしおくと出来上がり
クスクスに入れて煮込んで食べたりします
                                            12.2007 taroudant
d0093868_1261828.jpgd0093868_1263456.jpg

[PR]
# by matesha | 2008-02-15 01:06

お菓子

d0093868_0454230.jpg

犠牲祭のご挨拶のために
親戚やご近所のお宅を子供たちと連れ立って訪問しました
屠ったばかりの羊を見せてもらったり
甘いコーヒーとお菓子をいただいたり

                                            12.2007 taroudant

[PR]
# by matesha | 2008-02-09 00:00

ブロシェット

d0093868_032835.jpg

犠牲祭の初日は内臓系をいただきます
お昼ごはんはレバーをタマネギとスパイスに漬け込んだブロシェット
レバーと網脂を交互に串にさして、炭火でじっくり焼きます
窯で焼いたパンと一緒に食べるのですが
甘くてとってもおいしいのです
全てに感謝です
                                            12.2007 taroudant

[PR]
# by matesha | 2008-02-08 00:00

石焼パン

d0093868_1181467.jpg

家の中庭にあるかまどで親戚のおばあちゃんがパンを焼いていました
朝からかまどには薪がくべられ 小石が熱されていました
すでに発酵させておいたパン生地に水をたっぷりつけながら
ピザを焼く道具のような木の柄の着いたお盆に丸く平らにのせて
それをかまどに入れ、石の上にパン生地だけを置きます

パンはみるみるぷくぷくっとふくらみ
向きを変えたり裏返したりするうちに、こげ色がおいしそうについていきます

石がところどころついたままの焼きたてのパンは外はバリッと中はもちもちとほんとうにおいしい
2日くらい食べ続けるのですが食べる前にはまた炭火で炙ります
それもまたおいしいのです

こういったパンは田舎のほうでは良く焼かれているそうですが
このときはお祭りのために方々から帰ってきた家族やご近所さんのために
大きなタライ2つ分ものパン生地を
おしゃべりをしながらゆっくりゆっくり焼いていました


d0093868_053770.jpgd0093868_05340100.jpg










                                            12.2007 taroudant

[PR]
# by matesha | 2008-02-06 00:00

犠牲祭

d0093868_0133282.jpg

犠牲祭当日の朝はまず台所があわただしくなり
かんたんな朝食をすませた後
みんなきれいな服に着替え
男の人たちはモスクにお祈りに行きます

そのあとヤギ小屋でおじいちゃんを筆頭に
坦々と二頭の羊が屠られました
私もスカーフを巻いて立ち合わせてもらいました

村のそれぞれの家でも同じことがとり行われていて
その後の雨水とともに羊の血が家々から川筋となって流れていました

                                            12.2007 taroudant

more

[PR]
# by matesha | 2008-02-05 00:00

石臼

d0093868_0511186.jpg

このあたりにはアルガン の木が生息しているので
たいていの家の玄関を入ったあたりに
オイルをとるための写真のような石臼と
粉を挽くための石臼が備え付けてあります

                                            12.2007 taroudant

[PR]
# by matesha | 2008-02-02 00:00

おさんぽ

d0093868_1124871.jpg

山の斜面に張り付くように家が建てられています
こんな道をじぐざぐ降りたり
岩だらけの斜面をのぼったり

                                            12.2007 taroudant

[PR]
# by matesha | 2008-01-31 00:00

モロッコの食卓

d0093868_0472553.jpg

ここではじゅうたんを敷いた床に座りちゃぶ台を囲み
基本的には男女が別々の部屋で食事をとります
街ではみんな一緒にソファにテーブルの食卓が多いようですが
これがモロッコでは昔ながらの食事風景だったようです
写真左のやかんには手を洗うためのお湯が入っていて
若年の子がそれとタオルを持ち
食事の前と後にみんなの周りをまわります

                                            12.2007 taroudant

[PR]
# by matesha | 2008-01-25 00:00 | モロッコいろいろ

d0093868_0263643.jpg

犠牲祭にあわせモロッコの南にあるタルーダントを訪れました
今年は暖冬のようで雨季であるこの時期にも
雨はほとんど降っていませんでした
都市部でも困ったという話を聞いてはいましたが
水道をひねれば水が出る生活ではさほど実感がもてませんでした
でもロバで毎日水汲みに行くこの村で見たからからの川や
濁ったすこしの水で洗濯する様子
そしてお祭り当日の雨に心から喜ぶ人々の姿をみて
人と自然の距離がとっても近く
生かされていることを感じました
                                            12.2007 taroudant

[PR]
# by matesha | 2008-01-24 00:00 | モロッコいろいろ

鳥笛のおじいちゃん

d0093868_0365482.jpg

フナ広場の鳥笛のおじいちゃん
いつもと同じ場所でチュンチュンピョロロ♪とかわいらしいさえずりが響きます
初めてモロッコを訪れた時からのファンなので
今回は以前撮らせてもらった写真とあたたかい靴下をプレゼント
おじいちゃん喜んでくれました
いつまでもお元気でー
                                            12.2007 marrakech


[PR]
# by matesha | 2008-01-23 00:00 | モロッコいろいろ

うたたねねこ

d0093868_0561078.jpg

                                            12.2007 marrakech

[PR]
# by matesha | 2008-01-21 00:00 | モロッコいろいろ

クリスマス

d0093868_23442587.jpg

11月末のパリはクリスマス一色でした

d0093868_23443651.jpg
                                                   11.2007 paris
[PR]
# by matesha | 2008-01-19 00:00
d0093868_23424033.jpg

市場の一角にこんなモロッコ料理やさんがありました
きれいなタイル張りのオープンなキッチンに
タジンやブロシェットがどーんと盛られていてここだけさながらフナ広場
ほかにもご飯やお味噌汁のある日本の食堂や
変わったお菓子が並ぶアフリカのお店など
小さな市場の中にいろいろな国の香りが立ちのぼっていました
すこし歩くとピタサンドのお店が軒を連ねるユダヤ街もあり
ほんとうにフランスは多民族な国だなぁとあらためて感じるのでした

                                                   11.2007 paris

[PR]
# by matesha | 2008-01-17 00:00

にんじん

d0093868_2338.jpg

パリの市場 ここはオーガニックの八百屋さんです
日本と同じようなカブがありました にんじんもおいしそう

にんじんといえば何年か前にノルマンディーの小さな村で
おじいさんに畑で抜いたばかりのにんじんをいただいたことがあります
そのときもこんなひょろりとした形で
甘くてとってもおいしかったなあ
ビーツやハーブいろいろな野菜が少しずつ植えられたおじいさんの畑
飛行機雲がたくさん見える広い空を思い出します

                                                   11.2007 paris

[PR]
# by matesha | 2008-01-16 00:00

街角で

d0093868_17391817.jpg

                                                   11.2007 paris

[PR]
# by matesha | 2008-01-15 00:00

ミントティー

d0093868_20661.jpg

お砂糖なしのミントティーに角砂糖が一個
モロッコでは しっかり甘くなければミントティーではない! 
というくらいの指導を受けてきましたので ( 笑 )
このパリのミントティーを見て 
やっぱりふつうそうよねーと何だかほっとしましたが
飲んでみればやっぱり、あの泡立つ
極甘のミントティーが懐かしくなってしまうのでした

                                                   11.2007 paris

[PR]
# by matesha | 2008-01-14 00:00

パリのクスクス

d0093868_23335832.jpg

老舗のクスクス屋さんへ。
ここではスムールとスープが別々にサーブされ、どちらもお替り自由だそうです
盛り付けがかわると同じお料理でもだいぶ印象がかわりますね
知らなければモロッコ料理やさんとは気づかないようなお店でしたが
それだけに、モロッコ料理がフランスの食文化に深く浸透しているのを感じました


d0093868_035532.jpgd0093868_041391.jpg








                                                   11.2007 paris

[PR]
# by matesha | 2008-01-13 00:00

路地

d0093868_1504918.jpg

こんな瞬間にモロッコをおもう

                                                   11.2007 paris

[PR]
# by matesha | 2008-01-12 00:00

タルタル

d0093868_2144541.jpg

古くからある学生食堂のようなかわいらしい食堂に連れて行ってもらいました
ケッパー ・ たまねぎなどが入った牛肉のタルタル
親切なお店の方が これは火を通してないのよ と何回も確認してくれましたが
大丈夫 とってもおいしくいただきました
ひとりで席についたおじいさんが
ワイン、前菜、メイン、デザートにエスプレッソと
ゆっくり食事をたのしんでいるのが印象的でした

                                                   11.2007 paris

[PR]
# by matesha | 2008-01-11 00:00

手芸屋さん

d0093868_20432236.jpg

パリのお店はショーウィンドウをのぞくだけでわくわくします
赤と紫の美しい街だなあと思う

                                                   11.2007 paris

[PR]
# by matesha | 2008-01-09 00:00

パリの焼き栗やさん

d0093868_121116.jpg

きりりと寒い夜のパリをさんぽしていたら
道端に焼き栗やさんが出ていました
三輪のバイクのような乗り物に大鍋やパラソルを積んで
香ばしいいい香り
大勢の人が買っていたので残念なことに目の前で売り切れ
でもおじさん残った一粒をくれました。

渋皮までパリパリで少し焦げた実が
かりかりじんわり甘くてほんとおいしかったな

                                                  11.2007 paris

[PR]
# by matesha | 2008-01-08 00:00