good food         morocco life


by matesha
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

カテゴリ:日本( 9 )


d0093868_4115610.jpg

明日、11月23日 ( 金・祝 )
代々木上原のモスク ・ 東京ジャーミィにて
チャリティーバザーが開催されます。
モロッコやトルコなどイスラムの国のお料理や
お菓子が出店され
ふだんはなかなか触れることのできない
文化体験もできるそうです。

急なお知らせとなってしまいましたが
お近くの方、お時間のある方はぜひおこしくださいませ。

くわしくはこちらをごらんください。

[PR]
by matesha | 2007-11-22 00:00 | 日本

はじくとひびく 


d0093868_1464176.jpg


先日DALIAでのイベントが行われました。
インドのシタール 伊藤公朗さん
アラブのウード 常味裕司さん
トゥバのイギル 等々力政彦さん
ルーツ 音色 旋律は違うけれど
弦をはじくと音がひびくという原点はおんなじ。

奏でる方々のやさしさが弦を伝わり
不思議と懐かしく
遠い記憶を旅しているような
すばらしいライブでした。

ステージに掲げられたインド ・ バンジャーラの日傘が やさしい音のきらめきを受けていました。

              *

d0093868_1525491.jpgイスラエルのウリさんによる
ファラフェルと野菜のピタサンド
スパイシーなチャイ
イランのザクロジュース など

耳からも口からも国を越えたハーモニーを
楽しんでいただけたのではないでしょうか。


雨模様のなかお越しくださいましたみなさま ありがとうございました。

くわしくはDALIAのHPをごらんください。

[PR]
by matesha | 2007-11-15 00:00 | 日本

栗の季節

d0093868_026843.jpg

採りたての利平栗が手に入ったので渋皮煮を作りました。
小粒だけどずっしり重い。
実の中に水分がまだたっぷりある新鮮な証拠です。
まず30分ほどお湯に浸けてから鬼皮をむきます。
渋皮をキズつけないように丁寧にていねいに。
渋皮の表面が元気に毛羽立っています。
最初の2回は重曹を入れ、その後3.4回水を替えながら
ゆでて灰汁を抜いていきます。
茹で汁のえんじ色の変化がきれい。
途中、太い筋は爪楊枝で細い筋は指の腹でていねいに取ります。
渋みがとれたら栗の半分の量のきび砂糖を数回に分けて入れて
落し蓋をして弱火でコトコト。
火からおろして一晩煮汁に漬けたまま置きます。
翌日、栗を一度取り出して煮汁を煮詰め、
そこに栗を入れて火を通したら熱いうちに瓶に詰めて出来上がり。
とっても手間がかかるけれど、茹でた栗とはまた別物の美味しさと
きれいな深い色に仕上がった渋皮に、
作ってよかったなあと思える秋の一品です。

[PR]
by matesha | 2007-10-08 00:00 | 日本

ウードの音色

d0093868_075760.jpg

先日、日本では数少ないウード奏者の第一人者である
常味裕司さんの演奏をライブで聴く機会がありました。

常味さんは、80年代音楽がデジタル化されてゆく流れに
憤りを感じられ、民族音楽の道へ。
そのなかでウードの音色に出会い、その後チュニジアに渡り勉強をされ、
いまでは世界でご活躍されています。

妖艶で力強い音色、西洋音楽を聴きなれた耳には戸惑いを感じるリズム。

そのなかで、聴きおぼえのある曲が始まり、
その瞬間に ふわりと当時の空気に包まれました。
あらためて音楽の力に感激しました。

Longha Riad / ロンガ リアド

と呼ばれるアラブ音楽世界では有名な楽曲でした。

外国の文化を奏でる人としての考え方や
チュニジアの食文化に至るまで
たくさんの興味深いお話を伺うことができました。

[PR]
by matesha | 2007-08-25 00:00 | 日本

千葉のアーティチョーク

d0093868_0233650.jpg

先日、八百屋さんで千葉県産のアーティチョークが売り出されていたので、
早速茹でて食べてみました。あまり肉厚ではありませんでしたが、そうそうこの味。
手間のわりには食べられる部分がほとんどないのですが、旬を楽しむ感じがなんだか好きです。

先日のモロッコ料理のコースでも少しだけお出ししてみました。
今回は以前ローマで聞いた食べ方を参考に、
ニンニクとイタリアンパセリとオリーブオイルと塩コショウをガクの間にたっぷり詰めて焼いてみました。
少しモロッコ風にコリアンダーとスパイスも効かせて。
あまりなじみのない野菜の食べ方にみなさん悪戦苦闘?
でもわいわいとなんだかたのしいお食事風景となりました*

フランスでは茹でてドレッシングにつけながらサラダのような食べ方もあるそうです。これもおいしそう!
次はどんな風にたべようかなーと思っている間に八百屋さんから姿を消してしまいましたが、
これから日本でもたくさん作られるとうれしいなあ。

写真は茹でて額の先端をすこし切った状態です。

[PR]
by matesha | 2007-07-01 00:00 | 日本

日本でクスクス

d0093868_182111.jpg

日本のモロッコママが、モロッコに滞在したこともある久しぶりの友人のために
金曜日ではないけれどクスクスを作ってくれました。
とてもおいしくておなかいっぱいいただきました。
いつも日本で手に入る食材を上手に利用しておいしいモロッコ料理を作ってくれます。
お料理は もちろん素材も大切だけど、それ以上に大切なことがある事をいつも感じさせてくれます。


[PR]
by matesha | 2007-04-19 00:00 | 日本

さくら さくら

d0093868_2231216.jpg

近くのほんのちいさな公園で二本の桜が満開でした。咲くまで気づかなかった。
歩いて一分だけどリュックにお菓子やジュース、本やおもちゃをつめて子供たちとお花見に。
何を持っていくかかなり真剣に吟味している姿がかわいい。
さくらの花 やわらかくてきれいだったね。


[PR]
by matesha | 2007-04-05 00:25 | 日本

ムハンマドの誕生日

d0093868_054914.jpg

先日、イードだからおいでーと言われていつものモロッコファミリーのおうちにお邪魔しました。
その日はイスラム教の預言者ムハンマドの誕生日ということでした。
お祭りではなくあくまでたくさんお祈りをする日だそうです。
「 シュワ 」 という羊の肩肉をスパイスで煮込んでからオーブンで焼いたお料理と、
牛乳で炊いたご飯に粉砂糖とバターを混ぜて、刻んだアーモンドとシナモンをかけたもの、
それからいつものホブスを頂きました。
すっかり日本語が上手になった息子くんにコーランを習いましたが
「 だめだなーまったくも~ 」 といわれました ・・笑
それにしてもほんと子供の言葉を覚える能力ってすごいなあ。


[PR]
by matesha | 2007-04-04 00:00 | 日本

ぽかぽかと

d0093868_1417688.jpg

今日はとてもあたたかな陽射しでした。
さんぽの途中の沈丁花の香り。
桃のピンク 新芽のみどり。
今年はじめてのつくしも見つけました。
小粒のいちごでジャムを作ろう。
春っていいなあ。


[PR]
by matesha | 2007-03-12 00:00 | 日本