good food         morocco life


by matesha
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ミントティーの淹れ方

ミントティー 「 ア タイ 」 の淹れかたをご紹介します。

d0093868_18414598.jpg





現地でも人によって様々な流儀があるようなのでほんの一例ですが。

1. 500mlくらいのお湯をわかします。                            ( 約4人分 )
2. 直火にかけられるポットにガンパウダー ( 中国緑茶 ) を大さじ1くらい入れます。
3. 茶葉を蒸らすため、そこに50mlほどお湯を入れ、すこしおいてからグラスに注ぎます。
  ( あとで使うのでとっておきます。 )
4. 今度は茶葉の濁りをとるため、もう一度ポットに新しいお湯を同じくらい入れ、くるくるポットを回し
  別のグラスに注ぎます。 ( これは濁っているので捨てます。)
5. お湯をポットに300mlほど注ぎ、フタを開けたまま火にかけ、ぐらぐらと1・2分沸かします。
6. 洗ってすこし揉んだフレッシュスペアミント一握りと、3でとっておいたお茶も入れ火を止めます。
7. そこに砂糖大さじ3くらいを入れ少しおきます。
  ( 砂糖が溶けるように。それからグラスは80度以上だと割れるかもしれないので。)
  砂糖はお好みで。モロッコ流ならそれはもうたっぷりと。
7. グラスにポットを上下させながら高いところ ( 30㎝くらい ) から泡が立つように注ぎ、
  すぐポットに戻します。これを3・4回繰り返します。
  ( 高いところから注ぐのは酸素を含ませよく混ぜるためのようです。)
8. 味見をしてOKなら、また高いところからそれぞれのグラスに注ぎサーブします。
  ( 注ぐのもグラスを配るのも右から。モロッコではほかの動作も右からが多いようです。)
  甘みが足りなければ砂糖を追加して、混ぜる作業を繰り返します。

わかりにくくなってしまいましたが、ポイントは、
茶葉をきれいにしてから煮出す ・ よく混ぜる、そして 甘くする! こと でしょうか。

上の写真はモロッコのガンパウダーのパッケージのイラストです。
下の写真はカフェで出されるミントティー。ここではミントと砂糖はあとから入れるようです。
注目すべきは砂糖の量・・・。
お店等では角砂糖の形状ですが、家庭ではよく大きな円錐形の塊の砂糖をハンマーで割って使います。写真がないのが残念です。


d0093868_23274633.jpg

モロッコではミントティーは本当によく飲まれます。家でもお店でも砂漠でも。
朝から晩まで。暑いときも熱いア タイ。
胃の消化を助けたり体温調節の効果があるそうです。
それ以上にあの甘さがはたして身体にいいものか・・・ 疑問ですが。
是非一度極甘ミントティーをお試しください。くせになるかもしれませんよ*


[PR]
by matesha | 2007-02-28 00:00 | モロッコの飲み物