good food         morocco life


by matesha
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:モロッコのお菓子( 16 )

ラマダンのお菓子

d0093868_025311.jpg

左上から時計回りに スリッロ ・ バクラワ ・ ブリワット ・ シュバキア。
今回はラマダンを控えていたのでモロッコママと一緒にお菓子を作りました。
さすがママすべて目分量でちょうど良く出来上がります。
このほかにもラマダン中には様々なお菓子を作りますが、それらは小麦粉はもちろん蜂蜜 ・ ナッツ類、
それにスパイスをよく使います。

なかでもわたしは香ばしくてスパイスが効いている 「 スリッロ 」 が好きです。
細かくしたアーモンド ・ ゴマ ・ オーブンで火を通した小麦粉  ( それぞれ500gくらい )
シナモン ・ フェンネルシード ・ アジョワンシード ( シナモンを多めに他は少々、すり潰して )
ゴムアラビック (5・6粒を砂糖少々とすり潰して、香り付けに )
バター ・ 蜂蜜 ( 粉類がしっとりする程度、適量 )
塩 少々
これらをよおく混ぜ合わせます。

食べたときに小麦粉の味が残らなければおいしいスリッロです。
人や地方により粉やスパイスの種類や形状を代えて、様々な作り方があるようです。
ペースト状にしたもの、ココナツがまぶしてあるもの。
小麦粉の代わりにきな粉を入れてもおいしいそうです。

今ラマダン中のモロッコではこれらのお菓子が家庭やお店でたくさん作られているのでしょう。
この時期いったいどれくらいの蜂蜜が消費されるのかしら。。

[PR]
by matesha | 2007-09-19 00:00 | モロッコのお菓子

シュフィンジ

d0093868_2235955.jpg

これは 「 sfinj = シュフィンジ 」 という揚げたパンようなものです。
少し塩味でかなり油っぽいのですが、店先で次々と揚げられるこれをみると
なんだか無性に食べたくなります。
作り方は簡単。小麦粉とイーストと塩をぬるま湯でパンと同じように捏ねます。
生地を十分発酵させてから、卵大くらいに分け、
真ん中に穴をあけて熱した油でこんがり揚げます。

ミントティーと一緒に朝食に食べたり、はちみつをつけながらおやつに食べたり。

これだけを小さな店構えで売っているお店もありますし、
シュバキアとハリラを出すカフェ?の店先でも大きな鍋で揚げています。
少し大きなサイズで、お砂糖をつけてくれるところもあります。
面白いのは一個いくらではなくて、ここでも天秤が登場するところ。そして2個以上買うと
写真のように草を紐がわりに真ん中の穴に通してお持ち帰り用にしてくれます。
子供がお使いでたくさんこれを下げて歩いている姿はなんだかかわいいのです。

d0093868_2222449.jpg

[PR]
by matesha | 2007-07-02 00:00 | モロッコのお菓子

マカロン

d0093868_29043.jpg

マカロンといえばフランスの色とりどりのかわらしいお菓子ですが、
この焼き菓子もモロッコではマカロンといいます。素朴な見た目ですが
材料はほとんど同じで、アーモンドパウダー ・ 粉糖 ・ 卵白が使われているようです。
それからココナッツも。 クリーム等は入っていませんが二つ合せてあります。
食感も外はさくっ、中はしっとり。 もっと がさっと粗い感じですが似ています。

マラケシュのフナ広場では、よく子供たちがアルミのトレーにのせて売り歩いています。
そのなかでも、売り方をいろいろ工夫したりしてがんばっているまだ小さな女の子を
わたしはひそかに応援していて、たまに大人買い。といっても1個15円ほどなんですけど。
今日の仕事は終わりってときの彼女の笑顔がみたいのもあるけれど、
このお菓子、ほんとうにおいしいんです。
甘くてくせのあるお菓子が多いモロッコですがこれはなんども食べたくなるお菓子のひとつです。


[PR]
by matesha | 2007-06-16 00:00 | モロッコのお菓子

ポップコーン

d0093868_1933100.jpg

メディナを散歩しているとどこからか香ばしいいい香り。
道端のお菓子屋サンの脇で、おじさんがこんな装置でポップコーンを作っていました。
実はこれ、クスクスを作るための鍋を改造したものです。
鍋にコーンとサラダオイルを入れ、取っ手をクルクル回していると
下の炭火で熱されたコーンがはじけ、どんどんポップコーンがあふれてきます。
ぱっぱっと塩を振ってできたて熱々のポップコーンを
ビニール袋の口が閉まらないくらいぱんぱんに入れてにこにこ渡してくれました。

                                          in essaouira, morocco             


[PR]
by matesha | 2007-01-21 00:00 | モロッコのお菓子

chebbakia au lait et aux amandes


d0093868_1494037.jpg


先日モロッコに行った友人がお土産に
「 cuisine du maroc 」 というモロッコのお料理雑誌を買ってきてくれました。
ラマダン特集でとてもおもしろい。
さっそくシュバキアのひとつを作ってみました。

a. バター          250g
  牛乳           500ml
  ベーキングパウダー  小1/2
  イース ト         大1くらい
  小麦粉          900g
  アーモンドプードル   100g
  塩             少々
揚げ油とはちみつ     適量

1. まずバターと牛乳を火にかけ、バターが溶けたら
  a の残りの材料にかたさを調整しながら入れ、
  10分くらいこねます。

2. 室温で1時間ほど寝かせたら、
  あればパスタマシーンでうすくのばし、細いパスタ状にしてから
  10本くらいを目安に揃え、3㎝幅くらいずつ指先でつまみ生地を綴じ、
  その部分をナイフで切り分けます。
  
  道具がなければ手でのばして細く切っても。
  そんなに細くなくてもおいしそうです。
  
3. 油でこんがり揚げて、あたためたハチ ミツにじゅわ~っと浸しザルに上げてできあがり。
  お好みで砕いたアーモンドやオレンジウォーターをふりかけて。

この作り方は成形が簡単ですし、歯ごたえがおもしろくてとってもおいしいです◎


[PR]
by matesha | 2006-12-29 00:00 | モロッコのお菓子

ゴルス

d0093868_21575873.jpg

正確な名前を忘れてしまったのですが、たしか 「 ゴルス 」 か 「 ルゴルス 」 。
小麦粉と卵と油、それにすりゴマとアニスが入り、いい香り。
モロッコでパンというと、平たい皮が硬めなパンなので、
これは日本のアンパンを思わせる、久しぶりのふんわりパンでした。
おやつにオリーブオイルをつけながらいただきます。

ところでモロッコの人が日本のあんこを口にすると大概 「 甘い ・・ 」 といい、あまり 好きではなさそう。
甘さが 「 重い 」 らしい。
あんなに ミン トティーやらケーキやらものすごーく甘いものを普段食べているのに ・・・
甘さに関しての味覚がちがうのでしょうか。 おもしろいですね。


[PR]
by matesha | 2006-12-07 00:00 | モロッコのお菓子

手作りのおやつ

d0093868_1152911.jpg

モロッコでは甘いお菓子がお店で山ほど売っているけれど、
おうちでは手作りのおやつが多いです。
この日は beignets ( = ベニエ )、 ドーナツのようなもの。
小麦粉と砂糖と卵とイース トを混ぜて成形してから発酵させ、油で揚げます。
コップとペッ トボ トルの蓋で子どもたちが形をつくりました。
彼女たちにとって真ん中の小さな丸はリ ングより も貴重らしい 笑。
揚げたてに粉砂糖をたっぷりかけて、先をきそって食べていました。

そうそう、この生地にはオレンジジュースが練りこまれているんでしたっけ。
モロッコならではですね。

                                              marrakech.5.2006


[PR]
by matesha | 2006-12-05 00:00 | モロッコのお菓子

ムセメン その2


d0093868_2174764.jpg

昨日にひきつづきこちらも 「 ムセメン 」 。
タルーダントのおうちでつくってくれたものですが、これは鉄板で焼くのではなく
オーブンに入れて焼き上げています。
折りたたむ際に塗るバターには粉砂糖がまぜてあり、
さっくりしっとりの生地がほんわり甘くてとてもおいしかったです。
アルガンオイルをつけながらいただくのもこの地方ならでは。

d0093868_2114279.jpg

これは折りたたんだ状態で、ここからまたうすくのばしたのもを焼きます。

                                          in Taroudant, Morocco


[PR]
by matesha | 2006-11-11 00:00 | モロッコのお菓子

ムセメン


d0093868_2043462.jpg

これは 「 ムセメン / m'semmen 」 といい、
小麦粉と塩少々を水でよく捏ね、うすーくまるくのばし、溶かしたバターを塗りながら
上下左右から四角くたたみ込み、それをまたのばし、
ちょうどバターと生地の層でつくられるパイ生地のようにします。
それを分厚い鉄板で裏表を焼き、
あつあつのところにハチ ミツやバター ・ オリーブオイルなどを塗っていただきます。
すこしカロリーが気になるところですが、とても簡単で素朴でおいしい。

おやつとして家庭でもよく作るし、
街のカフェの外に面したところでは女の人が鉄板で焼いている姿をよく目にします。
タマネギと羊脂を炒めたものを一緒に折りたたんだものもありました。
お店で買うとクレープのように、くるりとワラ半紙に巻いてくれます。


[PR]
by matesha | 2006-11-10 00:00 | モロッコのお菓子

ハルシャ


d0093868_2132560.jpg

「 ハルシャ 」 はスムールと言われるセモリナ粉でできたパンケーキです。
分厚い鉄板で焼き、あつあつのところにバターとはちみつをたっぷりかけていただきます。
すこし荒い粉でできているのでざっくり香ばしくておいしい。

うしろにあるのはオリーブ2種。
完熟を塩漬けにしたものとレモンとスパイスですこし辛めに漬けたもの。

それから、もちろん甘いミントティー。

                                          in Taroudant, Morocco


[PR]
by matesha | 2006-11-02 00:00 | モロッコのお菓子