good food         morocco life


by matesha
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2007年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

道端のパティスリー

d0093868_23465479.jpg

おじさんが作ってるの?と聞いたら
もちろんだよ
IDカード?まで見せてくれて、
ほら、パティシエって書いてあるだろ、って。
ぶんぶんとミツバチが群がる甘いパンたちは
どれもおいしそうで ( おいしくて )、
なんだか、昔大好きだった
「 からすのパン屋さん 」 のパンみたい。

d0093868_011911.jpg

[PR]
by matesha | 2007-10-25 00:00

ざくろ

d0093868_23372558.jpg

先日畑でざくろをいただきました。
ぽろりぽろりと宝石のようなつぶつぶ。
種を出すのがちょっと面倒だけど
ぷりぷちの甘酸っぱさはやめられず、
あっというまに皮だけに。
皮は乾かして煎じてお腹の薬にもなるし、
茶色の染料にもなるようなので
ざるにならべておきましょう。

写真は5月ごろにモロッコで撮ったざくろの花です。
いまごろきっと丸々はじけた実がたくさんみのっているのかしら。

[PR]
by matesha | 2007-10-23 00:00

森のテラスのコンサート


d0093868_0485422.jpg先日、東京調布の 「 森のテラス 」 で
DALIA イベント vol.6
「 生きものの音 」 が開かれました。
お越しくださった皆様ありがとうございました。

当日はすがすがしい念願の秋晴れ。
インディアンフルートの真砂秀朗さん
ピアノのササマユウコさん
フーメイの等々力政彦さんによる
ぽつりぽつりと語りつむがれる 「 音 」
木々のざわめき、鳥たちのさえずりに
心地よく身をゆだねて子守唄をきくような 
そんなライブでした。
d0093868_0593158.jpg
今回の公開リハーサルを踏まえ、
生命にあふれた音たちが来春CDになります。
お問い合わせはDALIAまで。

今回ご用意させていただいた秋のfoodは、
大阪府産有機栽培の栗の渋皮煮
スパイシーな ドライいちじくとデーツの赤のサングリア 
和梨と柿の白のサングリア レモングラスの香り
自家製ジンジャーエール すだちの香り
*金木犀の花を添えて*


d0093868_23382295.jpgd0093868_23383348.jpg

[PR]
by matesha | 2007-10-22 00:00 | ケータリング

栗の季節

d0093868_026843.jpg

採りたての利平栗が手に入ったので渋皮煮を作りました。
小粒だけどずっしり重い。
実の中に水分がまだたっぷりある新鮮な証拠です。
まず30分ほどお湯に浸けてから鬼皮をむきます。
渋皮をキズつけないように丁寧にていねいに。
渋皮の表面が元気に毛羽立っています。
最初の2回は重曹を入れ、その後3.4回水を替えながら
ゆでて灰汁を抜いていきます。
茹で汁のえんじ色の変化がきれい。
途中、太い筋は爪楊枝で細い筋は指の腹でていねいに取ります。
渋みがとれたら栗の半分の量のきび砂糖を数回に分けて入れて
落し蓋をして弱火でコトコト。
火からおろして一晩煮汁に漬けたまま置きます。
翌日、栗を一度取り出して煮汁を煮詰め、
そこに栗を入れて火を通したら熱いうちに瓶に詰めて出来上がり。
とっても手間がかかるけれど、茹でた栗とはまた別物の美味しさと
きれいな深い色に仕上がった渋皮に、
作ってよかったなあと思える秋の一品です。

[PR]
by matesha | 2007-10-08 00:00 | 日本

お祈りの風景 その2

d0093868_17562582.jpg

[PR]
by matesha | 2007-10-01 00:00 | モロッコいろいろ